スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

乳頭温泉郷 鶴の湯 部屋(東本陣) 


乳頭温泉郷 鶴の湯


お気に入り:★★★★★
温泉:4,5 食:3,5 空間:5 おもてなし:4 CP:5

その壱~部屋編~


乳頭温泉郷最古の出湯といわれていて、宝永五年、鶴が温泉で傷を癒しているのを見た 猟師 勘助が「鶴の湯」と名付けたのがはじまりと言われています。
現在 全国一、二を争う人気温泉宿で。雑誌・メディアでも取り上げられる事が多く、温泉マニアから一般の方まで幅広い人気があります。

秘湯を守る会のやどではありますが、現在は 宿までの道は悪路は少なく 田沢湖から山道を登り難なく宿まで到着しました。

乳頭温泉 鶴の湯
茅葺き屋根がとても美しく 関所の様な門構えも とても雰囲気が良いく、昔にタイムスリップしたかのよう。
この茅葺き 約6年ごとに 有名な職人の方が葺き替えをしているそうです。
白川郷では一棟 葺き替えに1000万かかるらしいですが、どれくらいかかるんでしょうか・・・
鶴の湯 本陣鶴の湯
門をくぐると 帳場までの道沿いに 鶴の湯で最も予約の取りにくい 「本陣」があります。
昔、藩主が湯治にやってくる時、護衛の士が詰めていたという長屋で350年前のたたづまいをそのまま残しているそうです。 9,600円というリーズナブルな価格、囲炉裏などもあり 秘湯の雰囲気を満喫できますが、
通路にあるという事もあり観光客が中を覗く、壁が薄く防音がない事ということで 今回は「東本陣」に宿泊する事にしました。
鶴の湯 東本陣
東本陣12,750円~15,900円
平成元年に新築された部屋で、秋田杉・ひば など 木材をふんだんに使っていて、新しくも真新しさを感じさせない素晴らしい作りになっています。

鶴の湯 部屋緑
二田間続きの部屋で囲炉裏もあります。 他にも洗面所・トイレも完備。 東本陣は3部屋ありますが 東本陣一番という部屋でした。 鶴の湯敷地内の一番奥に位置しているので 静かでゆっくり過ごす事ができました。
お茶菓子浴衣

布団夜
夕方になると 立ち寄り湯も終わり 宿が静寂を取り戻してきます。
廊下
ピカピカに磨き上げられた廊下が 照明の光を映し 独特の雰囲気に。
フリースペース
室内・野外問わず 至る所に椅子やフーリースペースがあり ゆっくり寛ぐ事が出来ます。





良いと思う所:
独特の雰囲気! 囲炉裏で暖をとったり 非日常を味わえるのは なんともいえませんでした^^

イマイチな所:
人気がゆえの観光客の多さでしょうか・・・



その弐 ~温泉編~へと続く


鶴の湯
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
TEL 0187-46-2139
宿泊料金:8,550円~15,900円
■チェックイン 15:00■チェックアウト10:00
スポンサーサイト
秋田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/26 17:04
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。