スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

黒嶽荘(大分県由布市)


黒嶽荘



【泉質】単純冷鉱泉
【源泉温度】8.4度  【PH】5.3 【成分総計】1085mg 【湧出量】?L/分


白水鉱泉
炭酸泉の水汲み場として有名な「白水鉱泉
我が家では 義父、義母に水をよく汲んできてもらっています。
義父の車は普通のファミリーカーなのですが 帰りは水の重さで、族車の様な車高で帰ってきます。
そのお陰で毎日の飲料水として重宝させてもらっています。

主な成分は 遊離炭酸の825mg 
含二酸化炭素泉の基準1000mgまでには届かないまでも
他の成分が殆ど混ざっていない為 とても飲みやすいです。

黒嶽荘黒嶽荘
白水鉱泉水汲み場から さらに このまま行って大丈夫か?っといった道を車で山の方に登って行くと
そこに 黒嶽荘があります。
そこで面白い 「そうめん」が食べれると聞いたのでやってきました^^

食事 メニューIMG_4259_convert_20100803183550.jpg
メニューは炭酸泉で泳がせているエノハや鶏飯などの郷土料理の他に  カレーなどもありました。
名物 ゆず胡椒も売っていました(520円~)

炭酸素麺
これが名物 「炭酸そうめん
テーブルに吹き上げ式で炭酸泉が満たされており、その炭酸泉に 素麺を浮かべていただきます!
名物のゆずコショウの付いた汁にくぐらせて 麺をすすれば
炭酸成分も手伝ってピリッとした 切れ味の鋭い そうめんに^^
好みは別れるかもしれませんが、面白い料理だと思います。

炭酸泉 天然サイダー鶏飯
あと食事利用者には 砂糖のサービスがあり 炭酸水を汲んで 天然サイダーが飲めます^^
鶏飯はどちらかというと おこわっぽい?感じでした。


黒嶽荘
住所:大分県由布市庄内町阿蘇野2259
TEL:097-585-1161
立ち寄り湯:大人 300円
大分 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/03 18:57

寒の地獄旅館 (食事)


寒の地獄旅館

お気に入り:★★★
温泉:5 食:3 空間:3 おもてなし:3 CP:3

その参~食事編~


さて寒の地獄旅館 記事最終回は食事編です。

足元湧出・14℃の極寒地獄を体験した後は、温かい食事が待っています^^

IMG_8015_convert_20100716114700.jpg
夕食・朝食共に囲炉裏のある食事処「八重喜」でいただきます。


IMG_8023_convert_20100716114732.jpg
夕食  献立をみてもらえばわかる通り、月ごとにメニューを変えているようです。
IMG_8028_convert_20100716114936.jpgIMG_8025_convert_20100716114914.jpg
馬刺しや鴨刺しなど 地元食材を中心としたメニューが続きます。

IMG_8020_convert_20100716114830.jpgIMG_8031_convert_20100716115023.jpg
溶岩プレートを使って囲炉裏で 牛ロースや鴨、焼き野菜をいただきます。

IMG_8022_convert_20100716114851.jpgIMG_8037_convert_20100716115048.jpg
IMG_8041_convert_20100716115254.jpgIMG_8040_convert_20100716115226.jpg
IMG_8038_convert_20100716115201.jpgIMG_8043_convert_20100716115320.jpg
寒の地獄旅館の夕食はここまで


IMG_8069_convert_20100716115341.jpgIMG_8070_convert_20100716115403.jpg
朝食は量・品数共に抑えた感じに思いました。


良いと感じた所:
地元食材を使った料理。 囲炉裏を使った食事。 食事処でのアットホームな接客。

イマイチと感じた所:
囲炉裏をもっと使いたかった。寒の地獄旅館 独自なもの・創作料理・感激するような料理があったらよかったと思いました。




寒の地獄旅館
〒879-4911 大分県郡玖珠郡九重町飯田高原
Tel 0973(79)2124  Fax 0973(79)2125

宿泊料金:本館・・・・・12,750円  新館・・・・・13,800円
    (お子様料金:小学生70%、幼児50%)
■チェックイン 15:00■チェックアウト10:00

大分 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/07/16 11:45

寒の地獄旅館(温泉編)


寒の地獄旅館

お気に入り:★★★★★
温泉:5 食:3 空間:3 おもてなし:3 CP:3
【泉質】単純硫黄冷鉱泉 【源泉温度】14℃ 【PH】4.3
【成分総計】398mg 【湧出量】2000L/分 【色】神秘的な透明

その弐~温泉編~


さて寒の地獄旅館 部屋編に続いての記事では
この寒の地獄旅館の最大の目玉でもある 温泉を紹介します。

その中では 14℃の冷泉の入浴の仕方は 珍しく面白いです!
しかも!しかも足元湧出!!しかも毎分2000Lもの湧出量!!!←超!超新鮮の絶品湯です^^

※この冷泉は 7月~9月いっぱいまでで、入浴には水着も必要です。

冷泉

冷泉浴場(混浴)
昔ながらの湯治場を今に残す浴場。
足元湧出でなので、湯が湯船から溢れだす「サー」という音だけという空間。
吸い込まれそうなくらい透き通った綺麗な湯(足元湧出の温泉でよくある)や地蔵もある事もありとても神秘的なよく浴場です^^

この浴場に水着着用で入浴するのですが・・・

足をつけたとたんに  「ギャーーー!!」
ここが(寒の)地獄だという事を 否応もなく思い出します。


温度は13~14℃で湧き水よりも冷たい温度。その上含有薬分の薬事効果で 凍てつく寒さ 痛さも感じますが、体が慣れてきて、5分も入っていたら痛みも消えてきます。

しかしこうして 30分位入っていると・・ 今まで体感した事のない、体の芯からの本物の震えがやってきました。
ストーブ
体が冷えてきたら身体を拭かないで別室のストーブ部屋であぶりこみ暖をとります。
これは医学的にも大変効果のある療養法だそうです。

自律神経が開放される感じ。指宿温泉の砂蒸しに似た気持ち良さを感じました。

大浴場大浴場
脱衣所IMG_8004_convert_20100715093805.jpg
互久楽湯(大浴場)
石風呂と檜風呂があり、日替わりで男女が交替利用します。
 ここには、冷泉使った「加熱した41℃位浴槽」と「水風呂」の2つの湯船があります。
この水風呂は、冷泉程 冷たくなかった様に感じます。
冷泉の修業にも似た温泉が苦手という方は こちらの方が良いかもしれませんね^^

家族風呂家族風呂
家族湯
宿泊者は、帳場にて鍵をもらい無料で入る事が出来ます。桧湯、岩湯、切石湯と三つの家族風呂がありますが、加温した浴槽だけで 冷泉はありません。



【主な成分】 / 硫酸イオン174.6mg/ メタケイ酸117mg 遊離硫化水素2.838mg
【入浴適応症】慢性皮膚病、慢性婦人病、高血圧、動脈硬化症、切り傷、糖尿病+一般的適応症



その弐 ~食事編~へと続く


寒の地獄旅館
〒879-4911 大分県郡玖珠郡九重町飯田高原
Tel 0973(79)2124  Fax 0973(79)2125

入浴料金 500円 小人(4才以上) 300円
受付時間 平日 9:00~16:00  休前日 9:00~14:00
貸切家族湯(50分) 1,500円

※消費税込みの料金です。
※温泉と冷泉は別料金となります。
※冷泉は男女混浴、水着着用、7~9月限定です。



宿泊料金:本館・・・・・12,750円  新館・・・・・13,800円
    (お子様料金:小学生70%、幼児50%)
■チェックイン 15:00■チェックアウト10:00

大分 | コメント(1) | トラックバック(1) | 2010/07/15 21:58

寒の地獄温泉 寒の地獄旅館


寒の地獄旅館

お気に入り:★★★
温泉:5 食:3 空間:3 おもてなし:3 CP:3

その壱~部屋編~


「地獄」・・・ 時折 日本人は温泉を地獄と表現したりします。

それは 地中から噴き出す温泉が、有毒ガスが含まれているのがあったり、とても入浴できる温度ではなっかたりするからでありますが・・

極寒の地獄(温泉)に入浴できるす旅館・寒の地獄温泉 寒の地獄旅館を紹介します!

この冷泉に入浴出来るのは、7~9月いっぱいまで限定です。


寒の地獄温泉
寒の地獄旅館
冷泉の浴場は昔ながらの湯治場の雰囲気を残しながら 寒の地獄旅館の宿自体は どこか黒川温泉チックな?民芸風に改装されていました。

受け付け部屋
本館に泊まったのですが、懐かしさを感じつつも 古臭さは感じない作りになっています。
やはり木造なので若干は音漏れは感じますが。。地獄温泉・清風荘に比べると かなり良いです(笑)
部屋にトイレはありませんでした。

お茶菓子浴衣
お茶菓子と浴衣

囲炉裏廊下
敷地内には囲炉裏のフリースペースがあり、宿泊者は 温泉卵を自由に頂ける様になっていました。


良いと思う所:
新しくも懐かしさを感じる宿作り。 アットホームな接客。
客室が13室な所。私の体験上、30部屋以下位の宿の方が、おもてなしの心を感じる宿が多い気がします。お風呂やくつろぎスペースでもゆっくりできるし、お風呂もかけ流しだし^^

イマイチな所:
お子様宿泊料金が 小学生70%、幼児50%と高い所


その弐 ~温泉編~へと続く


寒の地獄旅館
〒879-4911 大分県郡玖珠郡九重町飯田高原
Tel 0973(79)2124  Fax 0973(79)2125

宿泊料金:本館・・・・・12,750円  新館・・・・・13,800円
    (お子様料金:小学生70%、幼児50%)
■チェックイン 15:00■チェックアウト10:00



大分 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/07/14 16:24

ミルクランドファーム(大分県九重)


ミルクランドファーム


お気に入り:★★★★

九重ラベンダー園の入口の前にあるお店です。
岡嶋牧場がやっているお店なので、牛舎の隣に店舗があり、牛も見えます。

一見、どうなのかな?って感じですが、お客さんがひっきりなしに来ていて、知る人ぞ知ると言った感じの
お店です!!

ミルクランドファーム

何種類かのジェラートがあり 時間によっては売り切れているものも。

1つのコーンに2種類のジェラートが選べて、お値段はなんと300円!!
今回は、そのまんまミルクとコーヒーミルクを選びました☆

そのまんまミルクは濃厚なミルクの味なのに、さっぱりしていて思わず笑顔がこぼれてしまいます♪
コーヒーミルクは、上品なコーヒーの旨みに、ミルクの濃厚さも加わってまさに大人の味です☆
子供に食べさせるにはもったいないほど、本当に美味しかったです♪

ミルクランドファーム

岡嶋牧場のしぼりたてのミルクで作るジェラートは絶品です♪
是非一度訪れてみてください♪



ミルクランドファーム
住所:大分県玖珠郡九重町大字田野1726-289
TEL:0973-79-2685
営業時間:10時~17時(売り切れ次第終了)
定休日:火曜日(祝日の場合翌日)
駐車場:数台有り
大分 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/23 17:56
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。