スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

秋田長屋酒場 (秋田県秋田市)


秋田長屋酒場


お気に入り:★★☆

秋田駅・ビジネスホテル街よりほど近い場所にある秋田長屋酒場
秋田長屋酒場秋田長屋酒場 個室
入口には なまはげのお出迎え。 期待が膨らみます♪

個室はアンティークな肘置きなどがあったり、お殿様気分?を味わえます^^
昔話に入り込んだ雰囲気はとても良いと思いましたよ。

秋田長屋酒場 きりたんぽ
きりたんぽ 一人前。

本当は大鍋を頂きたかったのですが、大鍋が足りない?との事で一人用になりました・・・残念。

他にも稲庭うどんなど秋田の郷土料理が一通りそろっていますが・・

料理に対するこだわり&接客&配膳のスピードなどを改善すれば、
雰囲気だけではない、もっと良い居酒屋さんになると思います^^;
料理間隔が30分もあくのは・・・

雰囲気が素晴らしいだけに、悪い所が目立ってしまいましたが
手軽に「秋田」を味わいたいといった観光客の方にはいいのかもしれません。



秋田長屋酒場
TEL:018-837-0505

住所:秋田県秋田市中通4-16-17
営業:月~木・日・祝 17:00~01:00 金・土・祝前 17:00~02:00
定休:無休
駐車場:無し
秋田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/18 14:03

十二湖 青池 (青森県深浦町)


十二湖 青池



十二湖とは白神山地複数の湖の総称で
その中で一番人気なのが青池
全部の湖(30個)はとても回りきれないので
今回は、青池を見にやってきました^^

キョロロ
森の物産館「キョロロ」
物産館&十二湖散策の中心的な場所なので駐車場としても利用できる(一日400円)
十二湖 青池
青池までは歩いて十分ほど
ブナの森が作りだした、美しい湖・風景を楽しみながら散策できる。
青池青池
青池(10月1日)
落ち葉が湖に沢山落ちている・夕暮れだった事もあり、青さピークの時期と比べると・・この様な感じだったが。。
辺りの凛とした雰囲気や野鳥のさえずりなど必見!

なんでも古くからの自然体系の維持の為、枯れ葉の除去などは行っていないらしく
真っ青な青池目当てなら夏場がイイかもしれません^^

ただの水たまりの様な感じなのに・・・
自然の浄化作用に、改めて感謝・感激しました。






十二湖 青池
青森県西津軽郡深浦町松神山国有林内
TEL :0173-77-2781
青森 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/02/14 14:52

黄金崎不老ふ死温泉 (青森県深浦町)


黄金崎不老ふ死温泉


お気に入り:★★★★

雑誌やTVで良く紹介される不老ふ死温泉にやってきました^^

外観 不老ふ死温泉館内 不老ふ死温泉
施設は思ったより大きく立派なモノ。

内湯 不老ふ死温泉不老不死温泉
まずは石鹸・シャンプー・リンスなどが設置されている内湯に行き。
その後一旦、洋服をきて露天風呂へ。
ちょっとめんどくさいけど、海に突き出た露天までちょっと距離があるので流石に裸では・・・ ̄Å ̄;

混浴 不老ふ死温泉
混浴露天風呂
日本海が目の前に広がる、絶景の露天風呂!!
女性専用の露天・脱衣所も隣にありますし、濁り湯なので女性も入りやすいかも。
でも時間帯によっては、人気の温泉なだけに混んでます^^:
混浴 不老ふ死温泉
ナトリウムー塩化物強塩泉 50,2℃ 総成分量23.69g/kg の超濃厚湯!
塩味 鉄臭のする温泉。

不老ふ死温泉
湯口では無色透明。
酸化する事により黄金色に変わる。

不老ふ死温泉
立ち寄り入浴は、8:00~16:00なので
夕日を見ながらの入浴を楽しむには宿泊の必要がある。
雪が溶けたらまた行きたいな~





黄金崎不老ふ死温泉
青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
TEL:0173-74-3500
宿泊料金:10,650~(一泊二食付き)
青森 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/03 20:07

白神山地 (青森県西目屋村) 世界遺産


白神山地



法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、屋久島とともに、1993年、日本で最初に世界遺産に登録された
白神山地
広大なブナの原生林が残る山地。このブナは、あまり役に立たない木であったために伐採されず残ったそうです。
白神山地 ブナの原生林
世界遺産地域と一口で言っても、中央部の核心地域と、周辺の緩衝地域に分かけられる。
世界遺産に登録されている「核心地域」は残念ながら入山は禁止されている。
なので散策できるのは緩衝地域(世界遺産に登録されていない地域)のみ・・・
でもこの緩衝地域でも十分「雰囲気」を味わう事が出来ます。

暗門滝 駐車場白神山地
今回目指すは「暗門滝」
第一の滝~第三の滝があり、駐車場から一番手前の第三の滝までならば片道30分で行ける。
遊歩道も整備されていて、途中にはブナの原生林もある。

白神山地白神山地
橋がかけてあったり、ちょっとした冒険気分♪ 白神山地が育む水・・とっても綺麗!!

白神山地
崖に貼りついた様な遊歩道。 くれぐれも歩きやすい靴で~ 譲り合いの心をもって滝をめざしましょう。
なを増水などで立ち入り禁止などにもよくなるそうなので、注意が必要です。

白神山地
滝までもう少し!

暗門滝
第三の暗門滝
見る角度によっては虹がかかっている様に見えてとっても綺麗でした。
私たちはここで引き返しましたが、
第一、第二の滝へはこの滝の上を通っていきます。(一番奥の滝までは片道1時間?)

アクアクリーンビレッジANMONりんごソフト
帰りに立ち寄ったアクアクリーンビレッジANMON
暗門滝駐車場出口すぐ近くにあります。
りんごソフトクリームなど売っていましたよ~♪


アクアグリーンビレッジANMON
青森県中津軽郡西目屋村川原平字大川添417
TEL :0172-85-3021
青森 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/01 20:01

ランプの宿 青荷温泉 食事編


ランプの宿 青荷温泉 食事編


お気に入り:★★★☆
温泉:3 食:2,5 空間:4 おもてなし:3 CP:4

~その三 食事編~


食事会場 ランプの宿 青荷温泉
夕食朝食はロービー付近の食事会場の広間で頂きます。
ランプの灯りで独特の雰囲気。

夕食 ランプの宿 青荷温泉
夕食
特殊つしたモノは特別ありませんが、山の幸をふんだんに取り入れた手料理の数々。
ただ、ランプの灯りだけだと闇鍋状態・・
そこでまんを持して宿の社長が登場! みんなの前で東北弁を活かし笑いを交えて料理説明してくれます^^

でも料理において、目にから入る情報(色彩)って大切なんだな~と思っと私は思ってしまいました^^;
でも、ランプの宿はこれでイイと思います。

デザート ランプの宿 青荷温泉
デザートのリンゴ
夕食では、白ご飯はセルフでおかわり自由。 食べ過ぎてしまいました^^;
のでリンゴは部屋に持って帰り頂きました。

りんご ランプの宿 青荷温泉
リンゴをカブリつき!美味しい!! 子供の頃を思い出しました^^

朝食 ランプの宿 青荷温泉
朝食
キノコ料理をメインとした質素なもの。
ですがこんな山の中で 朝から暖かいモノが頂けるって嬉しいです。

おみあげ ランプの宿 青荷温泉
おみあげ に オリジナルブレンドの「七福茶」を買って帰りました。



私が感じた

○な所:
ランプが作りだす独特の 雰囲気。
良心的な宿泊料金。

×な所:
火(灯り)が生えるので、もっと火を使った料理があったらよかったかな~



ランプの宿 青荷温泉
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
TEL : 0172-54-8588
宿泊料金:9,600 円~(一泊二食付き)
青森 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/01/29 14:56
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。